カーリースとレンタカーの違い

カーリースは、レンタカーと同様に車を所有する会社から自動車を借りるシステムです。しかし、1台の車を複数の客が利用するレンタカーと異なり、カーリースで借りる車は、1人の客が自分の好みの車を独占でき、他の客と共有することがありません。いつでも好きな時に自分だけの車を利用できます。レンタカーは利用する度に利用料金が発生しますが、カーリースなら定額の月額料金を払えば、何回でも使用することが可能です。

カーリースの利用料金は、新車を購入する際に生じるローンより安くなるため、所有者にならなくても単に好きな車に乗れたら十分と思うドライバーには最適と言えるでしょう。車を完全に独占できるのに、購入する場合より安い料金で利用できるのは、新車の車体価格から契約期間終了後に中古車の下取り価格を差し引いた金額を利用期間の月数で割るからです。

カーリースのメリットとデメリット

カーリースは、自分の好みの新車を他人から借りるため、レンタカーのように一見して他人から車を借りたということがわかる「わ」ナンバーが付けられることがありません。ただし、あくまでも会社から車を借りるだけなので、所有者になることもできません。したがって、車をカスタマイズしたり、他人に転売することは許されないでしょう。その代わり、月額料金のほかに自賠責保険を含む車検費用や自動車税などの費用を別途に負担する必要がないのです。

また、契約期間中に解除しようとすると、高額の解約金が発生します。毎月の走行距離にも一定の制限があることも、カーリースの特徴と言えるでしょう。カーリースと中古車購入のどちらがお得になるかは、車種や使用年数などによって異なるのです。

中古車を購入する際には車庫証明が必要です。また購入後に名義変更をしなといけません。必要な書類や、それらの取得先、提出先がどこかなど購入する前に分かっていれば手続きがスムーズにできます。

Romantic Weekend Getaway
Latest Posts
Archives
Calendar
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031